補助金が多い埼玉県

埼玉は太陽光発電の設置件数が全国で愛知についで2位ということもあり、自宅に導入を考えているという人も多いかと思います。
埼玉は持ち家率が全国的にも高いので、そういったことも影響しているかもしれませんが、やはり一番大きいのが補助金制度が充実しているということだと思います。
最近は自治体によっては補助金の額を減らすところも見られますが、埼玉ではほぼすべての地域で補助金を支給しているので、設置するのに経済的な負担が少ないということが普及の大きなポイントになっていると思われます。
では、さいたま市にお住まいの方が実際にどのくらいの補助金がもらえるのか詳しく見て行きましょう。
現在、太陽光発電の設置コストは1kw当たり55万円と言われているので、4kWのシステムを合計220万円で設置した場合で計算してみます。
まず、国からの補助金は1kw当たり3万円となっているので、4kWでは12万円となります。
ただし、この数字は1kw当たりの価格が55万の時の金額であり、1kWあたりの価格が47万5000円以下の場合は補助金が1kW当たり3万5000円となります。
また、埼玉県からの補助金は1kW当たり10万円となっています。
4kWでは40万となりますからかなり大きな金額になります。
これが全国的に設置件数が多い理由となっているのでしょう。
さらに、さいたま市からも補助金が支給されます。
さいたま市の補助金は1kw当たり3万円ですが、上限額が10万5000円となっているので、4キロワットでは上限額の10万5000円となります。
つまり、国・県・市から合計で62万5000円が支給されることになりますから、設置費用の220万円のおよそ3割が補助金で賄えることになります。
これは全国的に見てもかなり高い水準にあるといえるでしょう。
埼玉県は気候的にも温暖で晴れ間も多いですから、太陽光発電を設置する条件も整っています。
天候が良ければ発電量も期待できるので売電による収益も期待出来ます。