雪国における太陽光発電

何かとここ数年の間に話題になっている「太陽光発電」ですが、最近は自分の家庭で貯めた電力を売れるようになったということで、とても普及率が上がってきているようです。
しかし、それは太陽の光がずっとさす地域のみでは?と言われてきました。
それもそのはずです。
例えば、私が住んでいる地域は雪国で、冬になればソーラーシステムの上に雪が積もってしまいますし、ましてや太陽が顔を出してくれる瞬間は非常に少ないのですから、そういう意見が出てきてしまうのもうなずけます。
かく言う私もそう思っていました。
ですが、最近の発電システムは微量の太陽光も感じ取り蓄電するというではないですか。
このソーラーシステムを使って発電すると、冬場は日が差さない地域でも、設置して数年で元が取れるそうです。
驚きですよね。
今現在では新しく家屋を建てる際に一緒に太陽光発電システムもつけてしまう、というようなケースも多いと聞いています。
蓄電して売ることは前述しましたが、もちろん太陽光で自家発電をすることによって、家計にも環境にもやさしい電力供給ラインを作ることができますよね。
これからどのように普及率や発電蓄電システムが変わるのか、とても楽しみです。